M
E
N
U

 
 

注目の投資家応援ブログ

日東電工(株) 6988 の詳細データ

基本情報

東証1部・化学

株価
9,862()
前日比
-0.18%
前日終値 始値 高値 安値 出来高 値幅制限
9,880 9,862 9,919 9,821 278,200株 8380~11380()

日東電工(株)

日東電工(株)のyahoo textreamトピック(2週間以内)

No.500 [投稿者:won*****]
年初来高値
No.499 [投稿者:りそな]
7/26 SMBC日興證券 2継続 目標株価 9,700円 → 10,500円
No.497 [投稿者:tama]
日経ビジネスオンライン 2017.7.24.
「新製品比率4割を目指せ」日東電工髙﨑社長
No.496 [投稿者:ume*****]
ばかながきほど かわゆてならぬ
親ばか河内の 親かぼちゃ
ぽんとふみつけ 一天地六
流れ流れて 布施阿倍野
酒と女の 二本だて
No.495 [投稿者:tama]
■中期計画“Jitugen-2019”の見通し

 今期(2018年3月期)見通しは、売上高8,000億円(前期比104%)、営業利益1,000億円(同108%)、1ドル110円で計画している。

 2020年3月期の計画は、売上高9,300億円(対前期比121%)、営業利益1,300億円(同140%)である。

 2019年3月期で創業100周年を迎え、2020年3月期で次の100年に一歩を踏み出す日東電工では、新規事業を創出し高付加価値製品での事業拡大を図り、既存事業の見直しと生産効率化を進めることにより事業別の構造改革を推進する。事業別では、以下のように計画をしている。

1.インダストリアルテープ事業(前期構成比39%)
基盤機能材料分野: 「色を貼る」室内空間装飾HARUブランドの発売と世界展開
次世代自動車分野: 次世代自動車関連材料と新製品開発の推進

2.オプトエレクトロニクス事業(同52%)
情報機能材料分野: スマートフォンの液晶から有機ELディスプレイへの変換に対応した次世代ディスプレイ関連材料の拡大
次世代自動車分野: 新製品の開発

3.ライフサイエンス事業(同6%)
核酸医薬品分野: 受託製造の拡大と肺線維症治療薬、ガン治療薬への取り組み開始

4.その他事業(同3%)
高分子分離膜分野: 空気を通し、水や塵を通さないフッ素樹脂材料「TEMISH」の開発により、半導体製造クリーンルームの防塵幕、防水型携帯電話や電動歯ブラシ、自動車の内圧機器材など広い用途への活用・展開
No.494 [投稿者:hyh*****]
貸借割合が大幅に売り超

ここを空売りしてる人、かなり踏まれてるな
No.493 [投稿者:tama]
核酸医薬分野における更なる価値提供を目指して
米国で核酸医薬原体の製造能力を増強
日東電工株式会社(本社:大阪市、社長:髙﨑秀雄、以下Nitto)の子会社である日東電工アビシア社(主な所在:米国マサチューセッツ州、社長:Detlef Rethage、以下「アビシア」)は、このたび米国マサチューセッツ州ミルフォード製造拠点内に新しい設備を導入し、核酸医薬原体の製造能力増強を行いました。これまで1.2molだった核酸医薬原体の製造能力が3.0molとなり、世界最大の核酸医薬製造拠点となります。

Nittoは、核酸医薬分野での価値提供を目指して、2011年にアビシアを買収して以降、世界トップシェアを誇る核酸医薬製造サービスをお客様に提供しています。2016年10月には、医薬品分析サービスを提供するIPS社及び医薬品無菌充填サービスを提供するAvrio社の資産を買収し、お客様に提供するサービス機能の拡大・拡充を図ってまいりました。

このたび、アビシア社のミルフォード製造拠点内の製造およびオフィスエリアを20,000平方フィート拡大するとともに、最大1.8molの核酸医薬原体の製造能力を持つ設備を追加導入することで、製造能力は合計で3.0molとなり、世界最大の核酸医薬原体製造拠点としてのポジションを確固たるものにしていきます。
なお、今回の製造能力増強に伴い、8月2日にオープニングのテープカットセレモニーを行う予定です。

アビシア社長のDetlef Rethageは、今回の製造能力増強に関して「お客様が核酸医薬品の臨床開発を計画通り進めるため、核酸医薬原体をタイムリーにお届けすることにこれまで以上に貢献できることになります。また、今回、当社の開発者が新規技術を導入ししながらエンジニアリング会社と緊密にスピーディに新設備の導入を実現したことを誇りに思います。」とコメントしております。

NittoはInnovation for Customersをブランドスローガンに掲げ、Green(環境関連)・Clean(新エネルギー)・Fine(ライフサイエンス)の分野で事業ポートフォリオを拡大し、社会に価値提供していくことを目指しています。“Fine(ライフサイエンス)”の取組みである今回の製造能力増強を契機として、お客様の核酸医薬開発をさらに加速させるサービスを今後も提供してまいります。
No.492 [投稿者:misakinyan]
【はえ~ すっごい毎日伸びるな~】
はえ~
すっごい毎日伸びるな~
No.491 [投稿者:tama]
日東電工 米国で核酸医薬の生産規模2.5倍に
2017/7/20 1:31 [有料会員限定]
日東電工は米国で核酸医薬品の生産体制を拡充する。生産能力を2.5倍に高めた米工場を9月にも稼働させる。人員も3割増やす。遺伝子に直接働いて治療する核酸医薬品は実用化前だが、臨床試験(治験)での需要増加が見込まれており、生産体制を整備する。
米子会社の日東電工アビシアのマサチューセッツ州にある工場で、敷地を新たに拡張して生産設備を増強した。従来の2倍の生産能力を持つ製造装置を新たに導入。現在約300人の人員も400人程度に増やす。投資額は数十億円とみられる。
日東電工は核酸医薬品の受託製造で約6割の世界シェアを持つ。拡張後の工場がフル稼働すれば製品を従来の2.5倍生産できるようになり、現在の世界需要のほぼ全てをまかなえる生産能力を持つことになる。
米国では試験の規模が大きな後期の臨床試験が増え、核酸医薬品の需要が伸びている。製薬会社で試験が終わり、実用化が進めば、需要が急増するとみられる。日東電工は先行して生産体制を整え、今後も高いシェアを維持する。
同社は2016年度に約200億円だった核酸医薬品の受託製造の売り上げ規模を20年度に約500億円にする目標を掲げている。16年には核酸医薬品の品質検査や無菌充填などを手掛ける米国企業2社を買収した。受託製造サービスの品質向上で、新規参入する他社を引き離す狙いだ。
No.488 [投稿者:mas*****]
利食いのタイミングが難しい
No.487 [投稿者:りそな]
7/14 BoAメリルリンチ 買い継続 目標株価 11,200円 → 11,400円
No.486 [投稿者:tama]
米系大手証券会社は、レーティングは強気を継続、目標株価は11,400円に引き上げ。
No.485 [投稿者:ume*****]
破れ単衣(ひとえ)に 三味線だけば
よされ よされと 雪が降る
泣きの十六 短い指に
息を吹きかけ 越えてきた
アイヤー アイヤー
津軽(つがる) 八戸(はちのへ) 大湊(おおみなと)

三味が折れたら 両手を叩け
バチが無ければ 櫛(くし)でひけ
音の出るもの 何でも好きで
かもめ啼く声 ききながら
アイヤー アイヤー
小樽(おたる) 函館(はこだて) 苫小牧(とまこまい)

鍋のコゲ飯 袂(たもと)で隠(かく)し
抜けてきたのか 親の目を
通い妻だと 笑った女(ひと)の
髪の匂いも なつかしい
アイヤー アイヤー
留萌(るもい) 滝川(たきかわ) 稚内(わっかない)
No.484 [投稿者:kaz*****]
今日中に株価9800円越えへ
No.483 [投稿者:qzk*****]
具体的な材料というより、レーティングで揺れてる感じですね。
レート出す会社が、株の保有者かどうか確認しないと、不自然な値を出してるとこあるかもですね。
平均を異常に歪めてることもありますから。。。
No.482 [投稿者:おばあちゃん]
日東は堅実でいい会社だね!
No.481 [投稿者:kaz*****]
強い米雇用統計に為替も円安好調地合い

月曜もここは大幅反発でしょうね♪
No.479 [投稿者:tama]
アップルも開発中の有機ELディスプレイを超える次世代のマイクロLED、それに使われる特殊フィルムが今後益々期待されるようです。それに加えて核酸医薬の分野も強みなので、株価もかなり期待できそうだけどな。
No.477 [投稿者:maa*****]
肝硬変薬のブロックバスターとなる「核酸医薬」は画期的で、アナリスト評価では、有名なみずほ証券渡辺アナリストはFDA通過無しと判断しているようだが、米系証券は可能性有りとしている。渡辺アナリストが絶対とは言えないが、渡辺アナリストのコメントが見れず、何故なのか、ご存知の方宜しくご教授下さい。株価はおそらく外資系が買い進んでいるものと思われる。肝硬変薬がFDAで第三フェーズ入りまじかなのかもしれない。?
No.476 [投稿者:tama]
遺伝情報をつかさどる物質を利用する「核酸医薬」の分野は画期的だと思う。今後益々伸びるよ。
コニカミノルタも米国のがん診断会社を買収だろう。同社として過去最大のM&Aに踏み切ったくらいだからな。
No.475 [投稿者:bru*****]
液晶が有機ELに変わり、偏光板は不要になる。HDDはこれからSSDに置き換わるので減少傾向がこれから本格化する。なので、こちらはフィルム関連、HDD関連が落ち込むが、半導体向けの材料は堅調。業績は上がりもせず下がりも限定的。ただ現在の割高水準を今後どこまで維持できるのか。
No.473 [投稿者:tama]
ここは高機能フィルムなどを扱う機能性材料の部門の他にライフサイエンスの部門を持っているのが大きいよな。核酸医薬は今後有望な分野だから拡がっていきそうだな。

適時開示情報

更新日時 内容
株式報酬型ストックオプション(新株予約権)の発行に関するお知らせ
平成27年3月期 第2四半期決算短信〔IFRS〕(連結)
平成27年3月期 第2四半期決算短信(連結)補足資料
剰余金の配当および配当予想の修正に関するお知らせ
株式報酬型ストックオプション(新株予約権)の払込金額確定のお知らせ
平成27年3月期 第1四半期決算短信〔IFRS〕(連結)
平成27年3月期 第1四半期決算短信(連結)補足資料
株式報酬型ストックオプション(新株予約権)の割当総数確定のお知らせ
株式報酬型ストックオプション(新株予約権)の発行に関するお知らせ
平成26年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)
代表取締役の異動に関するお知らせ
取締役に対するストックオプションとしての報酬額および内容に関するお知らせ
平成26年3月期 決算短信(連結)補足資料
国際会計基準(IFRS)の任意適用に関するお知らせ
平成26年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
業績予想の修正に関するお知らせ