M
E
N
U

 
 

【NEWS】12/18 (月) 今度こそ23000円到達なるか

カテゴリー
NEWS
注目株・注目銘柄


【⽇経平均】
18⽇の東京株式市場で⽇経平均株価は5⽇ぶりに反発。終値は2万2901円前⽇⽐348円(1.6%)⾼でした。
 
再び23000円到達へ向かって上昇しはじめました。アメリカの主要3指数が過去最⾼値を更し、ハイテク株への買いが戻ってきたこの良い状態で超えてほしいところです。
 
東証⼀部の売買代⾦は概算で2兆6934億円。3兆円を割れましたが、海外投資家は今週はクリスマス休暇で、本格的に⽇本市場に帰ってくるのは12⽉27⽇ごろと⾔われています。しばらくは3兆円割れが続くように思われます。
 
業種別でみると前⽇⽐プラスは33業種中32業種。パルプ・紙、保険業、銀⾏業が値上がり率上位でした。⽯油・⽯炭製品のみ前⽇⽐マイナスでした。
 
ドル円相場は112円台後半で推移。2万3000円回復の⾜かせになる⽔準ではないように思われます。
 
⽇経平均のほかにTOPIX、ジャスダック平均が前⽇⽐プラス。東証⼆部指数、マザーズ指数は前⽇⽐マイナスでした。
 
20⽇からの⽇銀⾦融政策決定会合、21⽇の⿊⽥⽇銀総裁会⾒、国外では21⽇のアメリカ7-9⽉期GDP確定値を気にしつつ、新たな銘柄を買う検討をしたいところです。
 
【東証⼀部】
TOPIXは1.36%プラス1817.9 。前⽇⽐10%以上値上がりした銘柄は9銘柄と前⽇より3銘柄増。
 
【東証⼆部】
東証⼆部指数は0.17%マイナス7172.98。前⽇⽐10%以上値上がりした銘柄は1銘柄と前⽇と変わらず。
 
【ジャスダック市場】
ジャスダック平均は0.34%プラス3884.48。前⽇⽐10%以上値上がりした銘柄は6銘柄と前⽇と変わらず。
 
【マザーズ市場】
マザーズ指数は0.33%マイナス1183.07。前⽇⽐10%以上値上がりした銘柄は2銘柄と前⽇と変わらず。
 
【アメリカ株式市場】
15⽇のアメリカ株式市場でダウ平均は反発。上げ幅は⼀時180ドル近くに達しました。
 
前⽇⽐143ドル08セント(0.6%)⾼の2万4651ドル74セントで取引を終え、2営業⽇ぶりに過去最⾼値を更新しました。アメリカ税制改⾰の成⽴を⾒越した買いが⼊った模様です。
 
法案が成⽴すれば現在35%の連邦法⼈税率は18年から21%に下がり、アメリカ企業の利益拡⼤につながると期待されているようです。
 
ナスダック総合、S&P500もともに上昇し、11⽉28⽇以来2週間半ぶりに主要3指数が過去最⾼値を更新しました。

 
上記で取り上げている銘柄の他にも急騰期待の銘柄をお探しの方!多くの高騰銘柄を提供している投資顧問会社・株情報サイトを紹介します。直近でも優秀な銘柄情報を届けているだけに必見です。

推奨銘柄実績・無料情報を受け取るならココ



▼1日1クリックをお願いします。▼
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ