M
E
N
U

 
 

ゴリゴリ稼ごう!投資家応援ブログ

株初心者から凄腕デイトレーダーまで全員集合!!投資家応援ブログは話題の注目株や優良投資顧問に関するお役立ち情報満載です。

  • 銘柄選定が面倒くさい・・・
  • 銘柄選定に割く時間が無い・・・
  • どの銘柄を選定すれば良いかわからない・・・

特にこんなことを思ったことがある方は必見です!ゴリゴリ稼ぎたいなら、毎日チェックしましょう

ピックアップ

カテゴリー

▲閉じる▼開く

記事一覧

【NEWS】11/30 (木) 20年前の11月

カテゴリー
NEWS
注目株・注目銘柄


【11⽉を振り返る】
今⽇で11⽉が終わります。あと1ヶ⽉で2017年が終わりだと思うと、1年があっという間だったと思う⽅もいらっしゃるかもしれません。
 
11⽉を振り返ると⽇経平均では7⽇にはバブル崩壊後の戻り値を超える2万2937円、9⽇には1992年1⽉8⽇以来の⾼値となる2万3382円をつけるなど初旬は好調でした。
 
しかし、9⽇の乱⾼下以降、10⽉から続いていた右肩上がり相場は終わり、低調になりました。中旬からは調整に⼊り、11⽉の⾼値をつけた1週間後の16⽇には⽉間安値21972円まで下落しました。
 
下旬はほぼ横ばいの動き。結局11⽉の終値はいくらいくらでした。
 
【⽇本の⾦融界にとっての11⽉】
このように2017年11⽉は⽇本の株式市場に転換点が発⽣した⽉でした。しかし、今から20年前の11⽉の⽇本は歴史に残る⼤変動が起こった1ヶ⽉でした。
 
1997年11⽉、⽇本で相次いで⼤⼿⾦融機関が破綻し、⾦融危機が起きました。
 
以下に動向をまとめました。
 
11⽉3⽇、三洋証券が経営破綻。これが戦後初の証券会社の破綻でした。
 
11⽉17⽇、北海道拓殖銀⾏が経営破綻。都市銀⾏としては現在、戦後唯⼀の破綻した銀⾏
です。
 
11⽉24⽇ ⼭⼀證券が⾃主廃業を発表。会⾒の場での「社員は悪くありませんから」という野澤社⻑の⾔葉が強く印象に残った⽅もいらっしゃるのではないでしょうか。
 
11⽉26⽇ 徳陽シティ銀⾏が経営破綻。
 
 
いずれの⾦融機関も、バブル崩壊によって巨額の不良債権を抱え破綻しました。かつて「銀⾏は潰れない」という神話がありました。しかし、それも崩壊してしまいました。「戦後初」、「戦後唯⼀」という⾔葉からもこの1ヶ⽉間にいかに⼤きな出来事が凝縮されていたかということがうかがえます。
 
それから「失われた20年」と呼ばれた時を経て、⽇本の株式市場は回復した姿を⾒せてい
ます。
 
今の株式相場を⾒て、バブルだと感じている⼈もいるかもしれません。しかし、PERで⾒た場合バブル期は60倍を超えていたと⾔われています。現在は15倍程度。当時と⽐べて現在の値は割安な状態と⾔えるでしょう。
 
企業の業績も良好なところが多く⾒られます。業績向上を伴った上昇であればそれはバブルではなく、健全な上昇だと⾔えます。
 
【⾦融危機から得るべき教訓】
私たちが教訓としなければならないのは、どんなことにも絶対はないということです。投資においても同じことが⾔えます。それを無視して投資すれば、株式市場では⻑く⽣きていけません
 
語ることができるとすれば、あくまで上昇する、あるいは下落する可能性があるという話までです。しかし、可能性の⾼いことに継続的に投資できれば、結果は⾃ずと出てくるでしょう。
 
投資に絶対はないという前提のもと、⾼い可能性に投資し続ける⼒が求められます。
 
いつも相場に対して準備をしている⼈のみが恩恵を受けられると私は思います。

 
上記で取り上げている銘柄の他にも急騰期待の銘柄をお探しの方!多くの高騰銘柄を提供している投資顧問会社・株情報サイトを紹介します。直近でも優秀な銘柄情報を届けているだけに必見です。

推奨銘柄実績・無料情報を受け取るならココ



▼1日1クリックをお願いします。▼
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

【NEWS】11/30 (木)14時から上昇傾向、日銀ETF買いか?

カテゴリー
NEWS
注目株・注目銘柄


【⽇経平均】
30⽇の⽇経平均は続伸。前⽇⽐127円⾼の2万2724円で⼤引け。ドル円相場は112円台に戻るなど円安⽅向に向かいました。
 
13時ころまでは前⽇同様横ばいの動きでしたが、14時頃から上昇基調と展開が変わりました。⽇銀のETF買いが観測されたとの⾒⽅もあります。
 
東証⼀部の売買代⾦は概算で4兆5393億円と前営業⽇よりも⼤幅増加。乱⾼下のあった9⽇以来の4兆円超えです。外資系は買い越し。
 
引き続き移動平均25⽇線より上にいる状況です。25⽇線を割り込むようなことがない限りは買い⽬線継続で良いのではないかと思います。
 
【東証⼀部】
TOPIXは0.33%プラスの1792.08。前⽇⽐10%以上値上がりした銘柄は6銘柄と前⽇より2銘柄増。業種別では海運、証券・商品、陸運が好調。電気機器、その他製品、機械が売られた。[7448]ジーンズメイトは本⽇終値が前⽇⽐17.3%上昇の1017円とストップ⾼。テレビ番組「ガイアの夜明け」で同社が紹介されることが材料となりました。
 
【東証⼆部】
東証⼆部指数は0.59%マイナスの6796.66。前⽇⽐10%以上値上がりした銘柄は4銘柄と前⽇より2銘柄減。27⽇に東証⼆部へ上場した[6653]正興電機製作所が勢い衰えず3⽇連続ストップ⾼。終値1655円と前⽇⽐22.14%プラス
 
【ジャスダック市場】
ジャスダック平均は0.18%マイナスの3807.75。前⽇⽐10%以上値上がりした銘柄は7銘柄と前⽇より5銘柄減。[4316]ビーマップ21.17%上昇の2797円とストップ⾼。29⽇に公衆無線LANの業界団体から災害時Wi-Fiの提供事業者として認定されたことを発表したことが好感されました。
 
【マザーズ市場】
マザーズ指数は0.12%プラスの1167.2。前⽇⽐10%以上値上がりした銘柄は1銘柄のみと前⽇より5銘柄減。ソーシャルゲーム関連銘柄の[2489]アドウェイズが前⽇⽐16.64%上昇の701円。
 
【後記】
[4661]オリエンタルランドが東京ディズニーリゾートに3000億円超を投資し、エリアを3割拡張するというニュースが各所で報じられています。
 
この報道をうけてオリエンタルランドは寄り付きから上昇。⼀時は10050円と株式分割考慮後上場来⾼値を更新しました。
 
オリエンタルランドは今⽇、⼀部報道について当社として発表したものではないとIRを出しています。
 
なので、ここからは仮定の話として進めましょう。
 
年間⼊園者数が13〜16年度まで4年連続3000万⼈を突破するなど、ここ数年の東京ディズニーリゾートは慢性的に混雑していたので、混雑解消につながる戦略として間違っていないと思います。
 
問題はこの拡張エリアをどう利⽤するか。⽇経新聞に拡張エリアとして載っているところを⾒ると、⼀部で⾔われている第3のパークとまではいかない気がします。

なので、拡張する場合は東京ディズニーランドか東京ディズニーシーのエリアを広げる⽅向で進むと思います。
 
ちなみにランドとシーを直接繋げる可能性は薄いと思います。繋げてくれれば2パーク間を楽に移動できますが、ディズニーリゾートラインがあるので直接繋げてしまうと運賃収⼊が下がってしまうでしょう。
 
1つ問題として考えられるのは⼊場料です。現在は1デーパスポート⼤⼈⼀⼈で7400円。
3000億円を超える投資をするのであれば、回収するために⼊場料を引き上げる可能性はあ
るでしょう。
 
しかし⼊場料を上げすぎてしまったがために来園者数が減ってしまうのはオリエンタルランドとしても避けたいでしょう。⼊園料は据え置きにして、新しいエリアに⼊るために追加料⾦を取る⽅法も⼀つかなと思います。
 
オリエンタルランドの17年3⽉期当期純利益が823.74億円ですので、3000億円はおよそ3.6年分に相当します。更なる利益拡⼤のための投資として⼤きな決断になると思います。

実際に発表されることに期待しつつ、もし実現した時オリエンタルランドが、東京ディズニーリゾートがどのように出るかが今から⾮常に楽しみです。

 
上記で取り上げている銘柄の他にも急騰期待の銘柄をお探しの方!多くの高騰銘柄を提供している投資顧問会社・株情報サイトを紹介します。直近でも優秀な銘柄情報を届けているだけに必見です。

推奨銘柄実績・無料情報を受け取るならココ



▼1日1クリックをお願いします。▼
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

【NEWS】11/29 (水) 注目銘柄[3901]マークラインズ、紹介時点から一時約12%上昇


[3901]マークラインズ[JQ ]
27⽇紹介の[3901]マークラインズが紹介時点から⼀時約12%上昇
 
【75⽇線にかかる】
紹介した20⽇の終値が1094円でした。⼀時は⾼値1225円まで約12%の上昇で、1200円突。終値は前⽇⽐1.34%プラスの1211円。
 
年初来⾼値を更新しました。更なる上昇も期待できます。
 
【「情報プラットフォーム」契約企業数の⽉次推移は順調】
[3901]マークラインズ⾃動⾞産業に関するポータルサイトを運営しています。同社は「情報プラットフォーム」契約企業数の⽉次推移を発表しています。最新は17年10⽉で17年12⽉期はいずれの⽉も前年同⽉⽐でプラスになっており、順調に推移しています。
 
また、海外顧客⽐率も平成29年12⽉期10⽉末現在で42.4%と海外での事業も好調です。⽇本国内だけでなく、海外にも顧客を持っているビジネスには期待が持てます。
 
【⾼い収益性】
ROEは27.1%と収益性はかなり⾼いです。業種平均と⽐較しても⾼い⽔準であると⾔えるでしょう。
 
【⾼い成⻑性】
直近3期の経常利益は右肩上がりで推移しています。また、17年12⽉期の経常利益も6.2億円と前期⽐21.6%増の⾒通しとなっています。今後の成⻑性にも注⽬です。
 
【テクニカル】
テクニカル指標ではRCI、ノーマルストキャスティクス、スローストキャスティクスの3つで売りシグナルが点灯しています。
 
⼀⽅、⼀⽬均衡雲抜け上と上昇トレンドでもあります。
 
【紹介時点株価】1094円
【本⽇終値】1211円
【筆者推定⾼値】1300円
 
【主な⾼騰理由】
・「情報プラットフォーム」契約企業数の⽉次推移は順調
・⾼い成⻑性
・⾼い収益性

 
上記で取り上げている銘柄の他にも急騰期待の銘柄をお探しの方!多くの高騰銘柄を提供している投資顧問会社・株情報サイトを紹介します。直近でも優秀な銘柄情報を届けているだけに必見です。

推奨銘柄実績・無料情報を受け取るならココ



▼1日1クリックをお願いします。▼
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

【NEWS】11/29 (水) 注目銘柄[6848]東亜ディーケーケー、紹介時点から一時約15%上昇


[6848]東亜ディーケーケー[東1]
昨⽇紹介の[6848]東亜ディーケーケー[東1]が紹介時点から⼀時約15%上昇
 
【75⽇線にかかる】
紹介した執筆時点株価が885円でした。⼀時は⾼値1022円まで約15%の上昇で、筆者推定⾼値1000円を突破しました。終値は前⽇⽐14.09%プラスの1004円
 
また、年初来⾼値を更新しました。更なる上昇も期待できます。
 
【業績好調】
10⽉31⽇に18年3⽉期第2四半期決算を発表。累計の経常利益は前年同期⽐より40.8%増の5.77億円、親会社に帰属する当期純利益は52.7%増の3.58億円でした。
 
計測機器市場全体に回復の兆しが⾒られ、医療機器市場においては拡⼤傾向にあるそうです。売上増の要因は主⼒の環境・プロセス分析計の国内販売増加、医療関連機器の受注拡⼤、中国・韓国向けの伸⻑等によるもので、市場が拡⼤しているビジネスには今後も注⽬です。
 
【成⻑は堅調】
業種平均よりやや劣るものの、成⻑は堅調と⾔えるでしょう。経常利益は直近3期でいずれも前期⽐増を達成しています。18年3⽉期も前期⽐増の⾒通しです。
 
【⾼い収益性】
ROEは9.4%収益性は⾼く、業種平均を上回っています。成⻑性と合わせて考えれば⼿堅い銘柄だと⾔えます。
 
【⼿堅く運⽤】
テクニカル指標では執筆時点でRCI、ノーマルストキャスティクス、スローストキャスティクスの3つの指標で売りシグナルが点灯しています。
 
ゴールデンクロスが発⽣、MACD⽇⾜で買シグナルが点灯しました。
 
材料だけで動いている株は脆く、短期で迅速な判断が求められます。⼀⽅、理論上は業績が上がれば株価もそれに連れて上昇するので、材料だけで動く株よりは⼿堅く運⽤することに向いています。
 
【紹介時点株価】885円
【本⽇終値】1004円
 
【主な⾼騰理由】
・業績好調
・成⻑は堅調
・⾼い収益性
・⼿堅く運⽤


 
上記で取り上げている銘柄の他にも急騰期待の銘柄をお探しの方!多くの高騰銘柄を提供している投資顧問会社・株情報サイトを紹介します。直近でも優秀な銘柄情報を届けているだけに必見です。

推奨銘柄実績・無料情報を受け取るならココ



▼1日1クリックをお願いします。▼
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

【NEWS】11/29 (水) 北朝鮮ミサイル発射も日経平均上昇

カテゴリー
NEWS
注目株・注目銘柄


【⽇経平均】
29⽇の⽇経平均は反発。前⽇⽐110円⾼の2万2597円で⼤引け。ドル円相場は⼀時111.5円を上回るなど円安⽅向に向かいました。
 
今朝、北朝鮮が弾道ミサイルを発射し世界に緊張が⾛りましたが、NYダウが255ドル⾼、⽶主要3指数が最⾼値をつけたことで⽇経平均も上がったと考えています。
 
東証⼀部の売買代⾦は概算で2兆8683億円と前営業⽇よりも増加。外資系は売り越しですが、⾦額ベースだと⼤幅買い越しとのことです。
 
売買代⾦を⾒ると市場が閑散としていることはないでしょうが、まだ⽅向感に乏しい。引き続き移動平均25⽇線より上にいる状況なので、25⽇線を割り込むようなことがない限りはこの状態が継続するのではないかと推測しています。
 
【東証⼀部】
TOPIXは0.79%プラスの1786.15。前⽇⽐10%以上値上がりした銘柄は4銘柄と前⽇より2銘柄減。[6065]ライクキッズネクストは本⽇終値が前⽇⽐11.72%上昇の2679円。公的保育所を運営している同社。アベノミクス関連銘柄として「教育無償化」に反応した模様。
 
【東証⼆部】
東証⼆部指数は0.53%プラスの6836.99。前⽇⽐10%以上値上がりした銘柄は6銘柄と前⽇から変わらず。27⽇に東証⼆部へ上場した[6653]正興電機製作所が2⽇連続ストップ⾼。終値1335円と前⽇⽐28.44%プラス。
 
【ジャスダック市場】
ジャスダック平均は0.06%プラスの3812.11。前⽇⽐10%以上値上がりした銘柄は12銘柄と前⽇より4銘柄増。[7435]ナ・デックス28.85%上昇の1340円ストップ⾼。28⽇に業績の上⽅修正と増配を発表したことが好感されました。
 
【マザーズ市場】
マザーズ指数は0.02%プラスの1165.84。前⽇⽐10%以上値上がりした銘柄は6銘柄と前⽇より4銘柄増。[3986]ビーブレイクシステムズが本⽇終値13.4%上昇の4570円。終値時点でゴールデンクロスとなりました。
 
【後記】
北朝鮮が早朝、弾道ミサイルを発射しました。⾼度は過去最⼤で、ミサイル開発が進んでいることがわかります。
 
北朝鮮問題はたしかに世界の安全を脅かすものでしょう。しかし、ミサイルが発射された今⽇の⽇経平均は上昇しました。
 
決して市場が楽観視しているわけではなく、上値が重たい原因の1つであることは否定できないでしょう。
 
では何故、⽇経平均は上昇したのでしょうか︖ミサイル問題は隕⽯のようなものだと考えることはできないでしょうか。
 
隕⽯は地球に年平均6回落ちているらしいです。もしあなたの友⼈が毎⽇隕⽯が落ちてくるかもしれないことに怯えているとしたら、あなたはどう思うでしょうか。
 
私は⼼配しすぎだと思います。可能性のあることに構えるのはおかしいことではありません。しかし、過剰な⼼配から全てのチャンスを否定してしまうのは⼈⽣において何よりもリスクが⾼いことだと私は考えます。
 
⼀度の失敗で全てを失うリスクを負うことは避けたいところですが、ある程度のリスクは承知の上で挑まなければならない時もあるでしょう。


 
 
上記で取り上げている銘柄の他にも急騰期待の銘柄をお探しの方!多くの高騰銘柄を提供している投資顧問会社・株情報サイトを紹介します。直近でも優秀な銘柄情報を届けているだけに必見です。

推奨銘柄実績・無料情報を受け取るならココ



▼1日1クリックをお願いします。▼
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ