M
E
N
U

 
 

NEW!! 新着速報!!
芙蓉総合リース(株)の材料情報あり!!
↓今すぐ無料で入手↓

芙蓉総合リース(株) 8424 の詳細データ

基本情報

東証1部・その他金融業

株価
6,300()
前日比
---%
前日終値 始値 高値 安値 出来高 値幅制限
6,300 6,200 6,330 6,180 13,300株 5300~7300()

芙蓉総合リース(株)

芙蓉総合リース(株)のyahoo textreamトピック(2週間以内)

No.780 [投稿者:rka*****]
ともあれ、コロナ騒ぎで航空機リースは急成長するんじゃないのかな?航空会社の自社保有機がsell and leasebackで大量にリース化しそうだしね。
大抵の航空会社は資金繰り悪化、ロス転だし、自社保有航空機の膨大な含み益をsell & leasebackで吐き出すしかないんじゃないのかな。
1年もすれば、航空機の自社保有とリースがほぼ同数になっているんじゃないかな。
No.779 [投稿者:rka*****]
東京センチュリーのはp.19じゃなくてp.13だね。
No.778 [投稿者:rka*****]
芙蓉の本決算概要試料のp.19を見た?

『「買い手市場」に転換した場合、良質案件を吟味し、自社保有 機の積上げを図る -優良エアラインからの引き合いは増加傾向 -良質案件を選別し、慎重対応は必須 』ってなことが書かれているよ。

航空機リース会社にとって、今は機数を積極的に積み上げる良い機械じゃないのかな。
No.777 [投稿者:rka*****]
航空機の数ってざっと26千機。内リースが10千機で航空機会社保有が16千機くらいかな。
優良な航空会社においても、資金繰り対策兼益出しのため、sell & leasebackってのが急増するんじゃないのかな?大きなビジネスチャンスをもたらすんじゃないの。
芙蓉は積極的に参画して保有機数を増やすべきだね。

ところで、アンタさん、何故、航空機リースってのがどんどん増加してきているのかって、理由を考えたことないでしょ。
No.776 [投稿者:rka*****]
東京センチュリーって、acgの連結化でもうかったんじゃないの。あまりいい加減なことは言わないでね。
トウキョウセンチュリー本決算の説明会資料p.19;-
「ACGの連結化やGATの好調な業績を主因に増益」ってなってんだけど。

ともあれ、コロナ騒ぎは、航空機の価格下落するんだったら、どっさり買い込むチャンスじゃないのかな。2~3年もすれば航空業界も正常化するだろうしね。航空機の実際稼働年数って長いしね。芙蓉リースは航空機リース事業が他社に大きく後れをとってしまっているから、増強のチャンスじゃないの。
No.773 [投稿者:ntp*****]
自己所有39機で資産残高560億円はありえませんね。少なすぎます。
全ての機材が期間満了ギリギリだとしてもありえないです。

東京センチュリー社が連結化したACG社はコロナ発生前の2019年度(1-12月)で135百万USD、2020年度1Q(1-3月)で30百万milの損失を計上しております。これでリース会社にとって大したリスクはないと言えるのでしょうか?
No.772 [投稿者:ntp*****]
自己資本比率よりも自己資本額が重要になります。

リース会社の生命線は資金調達になります。企業規模にもよりますが、毎日数十億円から数百億円の返済と調達の繰り返しです。しっかりと必要な金額を調達すること、運用(リース利率)よりもより低い利率で調達することが調達部門に求められます。

そして、調達の際に重要なのが格付であり、格付機関が評価をする際に指標の一つとして見ているのが「自己資本とリスク」のバランスです。リース会社から所有しているポートフォリオにリスク率をかけて算出されたリスク量が自己資本の範囲に収まっているか重要になります(格付機関はその他にも調達バランスや資産構成も見て総合的に判断しているので、あくまで一例として挙げています)。

過去の経験から申し上げますと、国内リースと航空機のリスク率はシミュレーション上で10倍近く違いますので、「リスクキャパシティ上で、国内のリース資産残高を1,000億円積み増すことができる」という場合には「航空機は100億円の資産残高を積み増すことができる」となります。

投資化サイドでは配当金を多く払ってほしいという思いもありますが、長期保有を考えるのであれば、無理な配当よりもしっかりと自己資本を積み増し、利益率の高い資産で運用してもらい、長期に亘って安定して配当できるポートフォリオを形成してほしいという思いもあります。
No.766 [投稿者:hea*****]
リース業界は自己資本比率は低いですね。借金して物買って他所に貸す業種なので。
金利が上がるともろに影響をうけるので、その手の情報に敏感になる必要があると思います。
金利上がるようなときは景気が良くなってる時なので、設備投資も増加して取り扱いも増えますけどね。
No.763 [投稿者:東1:3538]
この手の銘柄は自己資本比率はあんまり関係ないのか?
10%切るのは普通の銘柄では危険銘柄なんだがな。。。
リース関係は素人で業績だけで見ると魅力を感じる
No.758 [投稿者:apollon]
結局、みずほリースとの合併しないのかな
No.757 [投稿者:cxu*****]
(株道楽)で見たと思うけど
市場でどれだけ存在感示せるかです
No.756 [投稿者:dri*****]
到達するんだろうけど今の時点では
一度下げて上げたほうが儲かるって話
そっちのほうが楽
https://juststocks.site/news/stocks/t/ew52/z5s55e88c.html
No.754 [投稿者:ZZZ*****]
返信ありがとうございます。参考にさせていただくにゃん!?
No.751 [投稿者:xat*****]
決算書確認しました。
2004.3株主資本284億円 総資産9190億円 自己資本比率3.1%
2020.3 2456億円   2兆7526億円       8.9%
ちょっとやそっと損失が出ても大丈夫そうですね。

気になった点CP残高
2019.12 5512億円  2020.3 4507億円
3ヶ月で金利が0%アンダーのCPが1000億円減少

ここがKeyになってくる気がします。
No.750 [投稿者:rka*****]
自己資本比率なんて、1%で良いんじゃないの。そのくらい安定的なビジネスなんだよ。
No.748 [投稿者:ZZZ*****]
自己◾️本比率ヒクイぞうさんパァオー⁉️
No.747 [投稿者:ZZZ*****]
空飛ぶ乗物リースにゃんか⁉️
No.746 [投稿者:yos*****]
8日の急騰で2万株も売り残が減ってた。
No.744 [投稿者:iwt*****]
ここの上げすごいな
No.743 [投稿者:rka*****]
航空機リースってのは良く分かりませんね。
オリックスなんかは、証券化して節税商品として、機関投資家に売却している比率がけっこう高いですね。実質的な自社保有ってのはオリックスの場合は1/3程度に過ぎない様です。芙蓉は昨年9月時点の自社保有機数は39機ですね。管理等を含め全体で111機ですので、自社保有は35%程度で、資産残高としては560憶円程度かな。

そもそもアイルランドのシャノン絡みですので、どういう仕組なんかいな?
ただ言えることは、航空機リースって、リース会社にとっては大したリスクは無さそうですし、更には芙蓉にとってはウェートが低いですね。
No.742 [投稿者:xat*****]
2014年に今回赤字になったリスク管理に長けている商社と組んで500億円投資、オペリース期日2023年という記事をどこかで見た記憶があるのだけど見付けられませんでした。
商社は多分、航空機オペリースの残価を時価評価しているんだろうけど、こちらは時価評価せず当初評価のままなのかなぁ?

JIAも航空機やっているところは適正な会計処理を行っている、と言うんだろうけど、なんか昔見た風景の様な気がします。
No.741 [投稿者:きの]
こんな環境の中、想像していたよりも良い決算でした。

こんなことならもっと買っておけば…。
芙蓉総合リース(株)の売買タイミングは?

あなたと同じく
芙蓉総合リース(株)について
このページを見た"250人以上"が
下記サイトの売買情報を参考に
トレードをしています。
↓↓↓↓↓

適時開示情報

更新日時 内容
Peach Aviation 向け航空機リースについて
(訂正)「平成27年3月期 決算短信」の一部訂正について
自己株式の取得結果および取得終了に関するお知らせ
連結子会社クリスタル・クリア・ソーラーによる太陽光発電所の建設工事開始について
自己株式取得に係る事項の決定に関するお知らせ
平成27年3月期 第2四半期決算短信[日本基準](連結)
2015年3月期 第2四半期決算の概要等について
第9回無担保普通社債(社債間限定同順位特約付)の発行に関するお知らせ
株式報酬型ストックオプション(新株予約権)の発行内容確定のお知らせ
株式報酬型ストックオプション(新株予約権)の発行に関するお知らせ
リース利用企業向け資産管理サービスの提供について
平成27年3月期 第1四半期決算短信[日本基準](連結)
2015年3月期 第1四半期決算の概要等について
第8回無担保普通社債(社債間限定同順位特約付)の発行に関するお知らせ
ALM社の子会社化に関するお知らせ
アイルランド現地法人(連結子会社)の増資に関するお知らせ
役員の異動に関するお知らせ
株式取得(子会社化)に関する基本合意書締結に関するお知らせ
平成26年3月期 決算短信[日本基準](連結)
2014年3月期 決算の概要等について
新中期経営計画 「Value Creation 300」 について
中道リース株式会社との資本業務提携に関するお知らせ
中道リース株式会社(証券コード:8594)の株式買付けの決定に関するお知らせ
代表取締役の異動に関するお知らせ
取締役および執行役員の異動のお知らせ
代表取締役の異動に関するお知らせ
第7回無担保普通社債(社債間限定同順位特約付)の発行に関するお知らせ
当サイトを見ている人が
今最も注目している銘柄はコチラ