東京株式市場:日経平均が新高値を記録、FRB政策と円安が後押し

佐藤真理子

忙しい方でもサクッと理解できるように本日の寄り付きの情報を簡潔にまとめました。

 

東京株式市場が新たな高値を記録し、投資家の間で期待が高まっています。FRBの政策金利発表と円安傾向が市場のポジティブな動きを後押ししている状況です。

 

2024年3月21日:日本株式投資市場 寄り付き

2024年3月21日の前場寄り付きで、東京株式市場の日経平均株価は大幅に続伸し、開始早々に前営業日から520円上昇し、4万0500円台前半を記録しました。

 

これは、わずか4日前に更新された最高値を早くも上回る動きです。この上昇は、19日と20日に米国株式市場で見られた主要株価指数の上昇を受け継ぎ、東京市場でも買いが優勢になっています。

 

特に、米連邦準備理事会(FRB)による利下げ期待と、外国為替市場での円安・ドル高が、市場を後押ししています。上げ幅は一時600円を超える勢いを見せました。

 

20日の米国市場では、ダウ工業株30種平均とナスダック総合株価指数が最高値を更新。FRBは政策金利を現状の5.25〜5.5%で維持すると発表しました。この決定は、年内の利下げ姿勢に変わりがないことを示し、株式市場の買いを促しました。東京市場でも、特にハイテク株に買いが集中しています。

 

円相場は1ドル=151円台まで下落し、輸出関連株が上昇。日銀総裁の「緩和的な金融環境の継続」発言も市場の買い安心感を高めています。市場関係者は、日米中銀の決定会合が無難に終わり、金融政策の不透明感が後退したことを好感しています。

 

東証株価指数(TOPIX)も続伸し、昨年来の高値を更新。SUMCOやコマツ、アマダなどが上昇していますが、郵船や商船三井など海運株は下落しています。

 

 

佐藤真理子

日経平均の新高値更新と、FRBの政策決定が東京市場に与えた影響を検証しました。円安が輸出関連株を押し上げ、ハイテク株を中心に市場全体が上昇しています。今後も、金融政策の動向と為替の変動に注目が集まりそうです。

 

 

【資産を倍増させたい方は必見】

明日騰がる株を教えてくれる

↓株情報サイトはココ↓

 

 

ブログランキングに参加!応援よろしくお願いします。

当サイトの記事が役に立ちましたら『ポチ』っとよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

株式ランキング

コメントを残す

関連キーワード

Today's hot stocks
今日の注目株

アビックス(7836)を徹底分析:LED技術と市場展開
【今日の注目株】プレス工業(7246)を徹底分析:持続的成長の潜在力と投資機会
【今日の注目株】ザ・パック(3950)を徹底分析
【今日の注目株】ミツウロコグループホールディングス(8131)を徹底分析
【今日の注目株】買取王国(3181)を徹底分析

Side job / How to earn money
副業・お金の儲け方

副業で月10万円を稼ぐおすすめの業種トップ5
副業で月3万円稼ぐノウハウを徹底解説
【初心者向け】会社員が副業でお金を稼ぐ具体的な方法を徹底解説

Investor / Analyst
投資家・アナリスト

江崎孝彦とは?口コミや経歴・学歴から本当の実力に迫る
投資家トンピンとは?最新トンピン銘柄から経歴・逮捕歴に迫る
北川博文とは?元ひまわり証券代表に漂う評判の真相に迫る

Investor quotes and case files
投資家の名言・事件簿

レイ・ダリオの名言から学ぶ:原則に基づく投資の教訓
ジョージ・ソロスの名言から学ぶ:市場を読むための深い洞察力
ピーター・リンチの名言から学ぶ:投資成功へのシンプルな思考法
ウォーレン・バフェットから学ぶ:富を築くための智慧溢れる名言集

News
株式投資ニュース

日経平均、米株の堅調さに支えられ上昇。資源関連株が牽引
日経平均続伸、米ハイテク株の上昇と物価指標発表を前に買い意欲高まる
日経平均反発、米半導体株と円安ドル高が追い風
日経平均上げ幅縮小、週末控え利益確定売りが重し 米国株の一服も影響
日経平均反発、アームの決算影響で上値重く 円の上昇が後押し
日経平均反落、前日の上昇受け利益確定売り、米ハイテク株の下落が影響
日経平均3日ぶり反発、米市場の上昇とインフレ懸念緩和が追い風
日経平均反落、米経済指標と利下げ延期予想が重し 半導体株に売り
日経平均続伸、米市場の好調と円の動きが後押し 半導体株に注目
日経平均続伸、米市場の好調と地政学リスクの緩和が追い風